バトルフェイズは攻撃、防御、ダメージの計算の3つに分かれている。
  また、たとえ攻撃側が攻撃を行わなくても防御、ダメージの計算は行われる。

  また、このフェイズではダメージの計算中に限りカードや効果のプレイを行うことが出来ません。



 
 ■攻撃
  手番プレイヤー(攻撃側)は規定の効果において自軍スタンバイエリアにあるアクティブ状態の
  キャラを選択してチームを編成し、バトルエリアに出撃させることが出来る。
  この時出したカードは、1枚でも「チーム」として扱われ、またチームの数に制限はありません。
  また、2枚のキャラをセットで出した場合は「チームを組んでいる」として扱われます。
  この時、カードはチームの前衛(先頭のカード)を横一列に並べて配置します。

  ■チームの編成
   2枚のカードをセットにしてバトルエリアに出すと、それらのカードは「チームを組んでいる」
   として扱われます。
   しかし、全てのカードがチームを組むことができるのではなく、以下のいずれかの条件を
   満たしている必要があります。
    1.それぞれのカードのグループシンボルが同じである
    2.どちらかのカードが「サポート」を持っている。
   また、逆に以下の場合は先ほどの条件を満たしていてもチームを組むことができません。
    1.いずれかのカードが「孤高」を持っている。
    2.それぞれのカードが「サポート」を持っている。
   この場合はチームを組むことができませんのでお気をつけ下さい。



 ■防御
  相手プレイヤー(防御側)は規定の効果において自軍スタンバイエリアにあるアクティブ状態の
  キャラを選択してチームを編成し、バトルエリアに出撃させることができる。
  
防御側はバトルエリアに出す時、攻撃側とは違って好きな場所に出すことができますが、チームを
  組んでいないキャラを同じ場所に置くことができないのは変わりません。
  この時、自分が出したチームの前にあるチームと戦闘になります。
  また、敵軍チームが存在しない場所にも出撃することができます。




 ■ダメージの計算
  
※ダメージの計算中にはカードや効果をプレイする事が出来ません。
  
  ダメージ計算時の規定の効果はそれぞれのチームが交戦中か非交戦中かによって異なる。
  ・攻撃側の前に防御側がいる場合
   攻撃側のチームの前に防御側のチームがいる場合、戦闘が行われます。
   特殊な効果が発動していない限り、お互いの戦闘ダメージは同時に与えられ、そのダメージが
   防御力を超えたキャラは破壊されます。


  ・攻撃側だけがいる場合
   攻撃側のチーム前に防御側のチームがいない場合、戦闘ダメージは山札へ与えられます。
   その場合、受けたダメージと同じ数だけ山札からカードを捨て札へ移します。

  ・防御側だけがいる場合
   攻撃側のチームがおらず、防御側のチームだけがいる場合、戦闘は行われず、相手プレイヤー
   へのダメージもありません。

  ■チームを組んでいる場合のダメージ計算
   チームを組んでいる場合、攻撃力はそのチームのキャラの攻撃力を全て足した値になります。
   またダメージを受けた場合、前のキャラから順に与えられ、防御力以上のダメージを受けて
   破壊された場合に、その防御力を超えたダメージが後ろのキャラへと繰り越されていく。



inserted by FC2 system