■用意する物
 ■デッキ

   ちょうど50枚で作られた物を使用します。
   デッキ制作時の細かなルールは後述します。
 ■カードスリーブ
   基本的に、このカードゲームでは自身で印刷して切ったカードを使用するために、
   カードの形に違いが出やすいので、カードスリーブに入れての使用をオススメします。
 ■プレイシート

   プレイシートがあれば、スムーズにゲーム進行が行えます。
   現在、プレイシートが無いため、場をイメージしてゲームを行ってください。

 ■コイン
   ゲーム中、様々なコインを使用しますので、自身がコインを使用するデッキの場合は
   用意しておきましょう。
   実際の硬貨を使用するのはおやめ下さい。



■デッキを作る時の基本ルール

 
 デッキを作成する場合、以下のルールを守って作らなければならない。
 ■カードの合計はちょうど50枚
 ■同じ名称のカードは3枚まで


  このルールが守られていればどの様なデッキでも構わないが
  「同じ名称のカード」には以下のようなルールがある。
 
デッキ構築時、カード名称を参考にする場合は「二つ名を含めた名称」を使用する。
   博麗神社の巫女さん「博麗 霊夢」と楽園の素敵な巫女「博麗 霊夢」の2枚は、
   二つ名が違うため、それぞれ3枚ずつデッキに入れることが出来る。

   また、カードテキストの中で、特定のカードが指定されているような場合は、
   その名称は「二つ名を除く名称」を使用する。




■ゲームの準備
 
ゲームの準備は以下の通りです。
  1.デッキのシャッフル

   自分のデッキをシャッフルします。
   また、デッキを交換し、相手のデッキもシャッフルします。
   その後、それぞれのデッキを山札置き場に置き、以後デッキは「山札」と呼ばれます。

  2.先攻・後攻の決定

   ジャンケン等で、先攻・後攻を決定します。
   ジャンケン等で勝った方が先攻・後攻を決定できます。

  3.カードのドロー
   自分の山札から7枚引いて手札にします。
   また、この時に手札の引き直しが行える。

  ■手札の引き直し
   プレイヤーは以下のどちらかを1度だけ行うことができる。

   A.手札に発生パワー持ちのカードが無い場合。
   1)相手に手札を全て見せて、発生パワー持ちのカードが無いことを確認してもらう。
   2)手札を全て山札へ戻してシャッフルし、山札からカードを7枚引く。

   B.手札が気に入らない場合。
   1)手札を全て山札に戻してシャッフルする。この時、相手に手札を見せる必要は無い。
   2)山札からカードを6枚引く。


  4.ゲームの開始
   お互いのプレイヤーが全ての準備を終えたら、ゲームを開始します。
 
inserted by FC2 system